以前の記事
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
more...
フォロー中のブログ
SealOnline冒険...
Tales@
Ruination
しるおん雑記+-。
華ちゃんのシール日記
汁+釣 がんばれ るび~
すっしーのただいま修行中
汁粉おんらいんのサボリ日記
のんびり剣士の放浪記。
みけちゃんのまっぽー生活
リンク集-part2-
たまのたまらんです。
組合日報
僧侶ってなんだ?
Heavens Sky
ぷ~の行く道

since2004-07-07
人気blogランキング

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧
おもいで -12-
a0018278_141055.gif初めて露店を開いた時、僕は友達と一緒に開きました。売るものが無かったんやけど友達2人が色々アイテムを提供してくれたので30分だけエリム銀行近くで開いたのが初めてでした。


大分シィルツに慣れた頃やったので、商品の陳列方法や価格の設定方法は何となく分かりましたが、いくらで出品したらええのかが分からず、結構時間を食いました。しかも当時見たことの無い、ナマズとか食いかけの缶詰とか、奇妙なものが多かったです。


友達2人はチャットで色々語ってくれてたのですが、僕はそれに対してどうやって返事をしたらええんか分からず、大混乱。


2人は色々言ってますが、陳列せな話が出来ないのかと思って急いで並べました。でも、返事が出来ません。2人は「水晶が安すぎる!」「一桁増やせ!」とかわーわー言ってましたがごめんなさい、水晶ってそんな価値のある物とは知りませんでした


露店開く前に「水晶は高く売れるから」とは聞いてたものの、値段までは聞かなかったので4万円で出して見ました。当時僕にとって4万円は大金でしたし。


露店内のチャットの返事の仕方が分かったころには水晶は売れてるわ、ガラスのかけらが全部売れてるわ、で楽しかったのを覚えてます。今でも覚えてますがガラスのかけらは1個3000円で設定して99枚全部売れました。依頼所アイテムやったと知ったのは大分後でした。


でも、水晶に関しては怒られましたね。仕方ないです、水晶使ったこと無かったし、何でそんな高価なのか知りませんでしたし。「買った人は今頃喜んでるやろなー」とか言われてひたすら「ごめん」って言ってたのがすごく懐かしいです


入って来た方に「まいどー」って話しかけてましたが反応してくれた方が1人もおらんかったのは残念ですが。


今でこそ露店は平気で開いてますけど最初に開いた時の事は今でも鮮明に記憶に残ってます。やっぱ関西人は商人向きやね。

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-30 14:12 | おもいで
■2004年 6月28日
a0018278_95249.gif今日はソーラ狩りです。アベマリア2回+αなので効率が悪そうやけど、白馬をサクサク狩るよりもやや経験値が良いのと、白馬より宝石でやすいし、ソーラデコ欲しいし、悪くは無いと思ってます。


それにしても早く鳥卵から足が生えて欲しいです。防御が低くて痛すぎます。ようやく+8になりましたから頑張りたいと思います。


と、友達からアレフDで背伸び狩りしよう、と誘われたので行って来ました。ペットはさすがにカボチャにチェンジ


騎士さんはブレスさえあれば例え50代でも余裕でアレフDで戦えるあたりはさすがです。他職業ではそうは行きません。


ガルデルの家で待ってると登場したのは男→女に性転換した友達2人でした。びっくり。しばらくはガルデルや侍女と5人で遊んでました。周りにいた方、びっくりされたと思います、ごめんなさい。


早々TNTスカルとかエメメを退治すること1時間半、お疲れさまでした。やっぱり支援は楽しいです。途中不覚にもタゲられる事がありましたが、煽動?挑発?何か知りませんが、上手にタゲ外ししてくれる一方、ボクの支援も無駄の無い美しい支援でした。動画でお見せしたいくらいです


2人共落ちた後にマデリンでフラフラしてると友達カップル発見。2人の邪魔をしつつまったりおしゃべり。


この後は騎士君に交替してボクは倉庫で寝ました。騎士君は自らの依頼品であるガラスのかけらやツタ集めにクルドDに。ナンパしようと30分位待ってましたが誰も通らないので寝ることにしました。


騎士君は当分クルドDでガラス&ツタ&毒集めです。

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-30 09:54 | Seal日記
■2004年 6月27日
a0018278_141538.gif今日は魔法士君が主人公です。ここから先は魔法士君から聞いた話です。


クレメンツで誰かナンパしようとフラフラしてると同じ魔法士さん発見。声をかけて見ると結構若いです。ので、しばらくPT組んでケンサイスカルなど狩ってたそうです。


聞けばヤミを見たことが無い、というのでご案内してきたとか。実はこの日の朝、魔法士君はヤミ狩りに行ってました。多分死ぬかな、と思って、でも何事も修行やと無理やり行かせましたが意外と余裕で帰って来たんでちょっとムッとしました。ま、剣士さんや騎士さんが4名程いたってのもあったんやろうけど。


で、魔法士さんとヤミ見学です。しばらくしてヤミ降臨、やっぱ離れて見ると結構激しいです。魔法士さん、喜んでくれてよかったです。そしてお友達になって一旦お別れ。


フラフラしてると「汁外伝の人やぁ」と無職さんに声を掛けられました。ヤミ部屋で。3人目ですよ、びっくりです。魔法士君は丁寧に挨拶をしてちょっとおしゃべりをしたそうです。


無職さんでも強い方多いです。魔法士君はひたすら関心してました。で、お別れしてウロウロ迷子になってたらまた出会ってしまい、恥ずかしかったそうです。


うちの家族で一番迷子になるのは魔法士君です。聞くと「狩場を独占せぇへんように大きく動いてるとそのうち現在地が分からなくなる」そうな。


さて、魔法士君のペットが覚醒しました。いよいよひまわり→ソーラです。材料を集めててんけど、例によって悪夢のクリスタルシリーズが必要


騎士君に取らせに行きましたが一向に出る気配が無いのでライムで購入。確か3万円でクリスタルロッドをゲット。


さぁ、進化です。ボクの時は悪夢のように失敗し続けましたが魔法士君はどないでしょうか。


とんてんかんてん…

ぴろろろ~ん♪

あっさり成功。生意気です。魔法士君喜んでました。しかもソーラ、実物はあんなに不細工やのにペットはすごく可愛いです。言葉遣いも可愛いので喜んでました。


で、記念にギルドマスター試験受けて来ました。デュアル魔法士やから多分余裕やろう、と意気揚々と試験会場に乗り込んだものの、これまたボクの時と同じように普段着で飛び込んで死亡。血は争えません。


2回目で余裕のクリア。クールボーイ5匹でした。レベルが高くなればなるほど試験が辛くなるので騎士君や芸人君は2人とも39歳で受験させようと思ってます。


ボクと交替してクレメンツで遊んでる友達の魔法士さんのところへ向かう途中で、何と以前日記に足跡を残してくれた「みけ猫」さんに出会いました


どういう訳かボクよりもすばやいコンボでびっくり。これが攻撃速度の違いですか、そうですか。しかも2人で話してるのにすべての敵がボクを狙ってくるとはどういう事ですか、ボクの方が弱いからですか、そうですか。


まぁ、ほとんど攻撃は当たらへんからいいのですが。しばらくお話をしてお友達になりました。ありがとうございます。


で、魔法士さんと合流してザイドの酒場でご主人様の世界で言う夜中の2時位までお話してて眠くなったので寝ました。


この日、魔法士君は70歳になりました。兄と弟が入れ替わりそうでちょっと危機を感じてます。ご主人様、ボクはいつまでもお兄さんやよね? ね? ねっ!?


何とか言ってください


こんなご主人様ですが、ボクのために新しい普段着を買ってくれました。ええ、ちょっと前の話ですが、エリムで僧侶用の装備品を全部買ってあーでもない、こーでもないと着替えさせられました。15分位やってましたね。


で、決まった普段着は結構気に入ってます。ご主人様は何やかんや言いながらもボクを大事にしてくれてます

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-29 14:16 | Seal日記
■2004年 6月26日
a0018278_111425.gifボクはしばらくソーラを狩ることに決めました。やっぱりアベマリア2回で倒せるのが楽しいのと、ついでにソーラデコが手に入ればラッキーやからね。あれはスーパーサイヤ人みたいで良いです


ただ、2時間も狩ってると飽きて来ます。飽きると魔法士君の登場。世界の果てで雪女とひたすら戯れては依頼所に行ってついでに入手したヒトデなどを処理する。すると徳望ある魔法士になってしまいました。


ここで一旦4英雄と知り合いにならへんと依頼が受けられなくなるので仕方なくメインクエを進めることにしました。が、どうせなら誰かと一緒にやりたいのでしばらくストップするそうです。魔法士君はこの日69歳になりました。


さて、ボクはソーラを狩ったり、インキュを狩ったり、あちこちフラフラしててんけどなかなかナンパ成功せず。ヘルカスの森は皆さん、真剣です。


夜になってギルドに経験値を寄付してめでたくギルドレベルが2に。マスター権限をギルメンに委譲してボクの一家は魔法士君以外みんな「セキュアコンボ導師」になりました。


魔法士君は別のギルドメンバになってるんで残念ながらセキュアコンボ導師ではありません。一番の稼ぎ頭なのでちょっと残念ですが、騎士君がクルドPTDに滞留するので何とかなるでしょう。


それでもソーラを狩ってレベルが1つあがり、73歳に。と、ここでプロテクトのレベルを上げようとして間違えてブレスをレベル上げしてまいました。物凄くショックです。


ショック過ぎて寝ました

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-29 11:15 | Seal日記
おもいで -11-
a0018278_171524.gif確か46歳になっても熟練魔法士ピヨと戯れてた僕を誘ってくれた剣士さんがいてました。その彼がこう言いました。


「ヤミ見に行こうか」

ん?ヤミ?まぁ、どこでもええわ、と思って行った先はタイタン20個分の栄養満点な世界でした。


まだクレメンツ慣れしてへんかったのですがそこそこ支援の要領が分かってきて少しずつ楽しくなって来た頃の、この1言。


「ヤミって何?」
「タイタンの次に強いボスかな」

その時、もう僕はタイタンの名前を忘れてました。でもボスっていう表現があったので

「へぇ、このゲームにボスなんていてんねや」

と言って会話しながら奥まで進みました。出てきたボスは何の形をしてるのか良く分からないボスでした。ついでに言えば、タイタンのような叫び声とか無かったのがちょっと悲しかったです。


ボスと聞いてたので遠くから離れてPTキュアを掛けてたと思ってたのに死にました


範囲攻撃があったようです。ショックです。そしてPTメンバーは全員死んでしまいました。シィルツは意外と厳しい世界やな、と痛感しました。まぁ、しばらくはヤミよりもGSの方が赤くて大きくて目立ってましたのでそれがヤミなのかと思ってたのは内緒です


また、ジェネラルスコールという名前ですが皆「GS」って呼んでました。正直に言います。ごめんなさい、ガソリンスタンドかと思ってました。大体「GSがうっとおしい」と言いますがガソリンスタンドをモチーフにしたバイルがおるのかなぁ、と想像してました。


2回のボス対決初戦はいずれも瞬殺KO負けでしたが、レイガントと戦う時は生き残りたいですね。まだ見たこともありませんが。

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-28 17:16 | おもいで
■2004年 6月25日
a0018278_154757.gif今日は珍しく初めに登場したのは騎士君31歳でした。理由はシィルツに来たばかりの僧侶さんをサポートするのにPT組めるのが騎士君だけやったからです。と、言うわけでここからは騎士君から聞いた話です。


で早速合流。実は昨日シィルツで生き残るコツなどを説明しながら狩りをしてたんやけど、途中で彼が寝落ちしてしまったため、仕方なく騎士君だけ倉庫に帰って来たようです。つまり、死んだまま放置してきてしまいました、ごめんなさい


ずっと心配でたびたび倉庫の外に出ては僧侶さん(正確にはまだ無職さん)が起きてるかどうかチェックしてたようです。


よく考えたら40歳以上になると無職さんとPT組めなくなるんやね。幅広い方をナンパするには、やっぱり30代を常に残しておく必要があります。


夜に起きると僧侶さんがいたので声をかけてニクシなど狩って遊んでました。僧侶さんは途中で魔法士にチェンジ。どういう訳か魔法士さん、結構強いです


新たに僧侶さんをナンパして3人で狩りをしててんけど、途中で魔法士さんが抜けたので僧侶さんと2人で遊んでました。僧侶さんは騎士のお兄さんがいる、という事なので一家揃って友達登録しました。


ニクシを狩りつづけて魔法の粉が溜まったので一気に依頼所で処理しようとしたら既に魔法の粉は終わってたそうで騎士君がっかり。


その他のアイテムを銀行から出して一気に処理するべく、依頼所の前に立ち続けること20分、熟練した騎士になったそうで喜んでました。見た目→熟練、なかなか出来ない技です。

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-28 15:49 | Seal日記
■2004年 6月24日
a0018278_155223.gif今日のビックニュースは何と言っても「白フンのアレ」が装備出来るようになった事。嬉しいです、え?おめでとうって?ありがとうございます。ようやく72歳になりました。


初めて白フンのアレを取りに言ったのは55歳。この日記(5月18日参照)にも書いてありますが、色々な方に励まされながらアレフDで白フンと戯れてた時に、PT組んだ方や友達になった方から、結局は頂いたんですが、僧侶としてはある意味区切りの武器である為に早々に取りに行ったボク。


ま、ボクに限らず白フン取得&装備は僧侶全員の目標となってます。これ以上攻撃力の高いものはないですし(今度実装されるようですが)、一般に戦う時は白フン、支援の時はウラヌスメイス、という風に使い分けるようです。


僧侶の装備品は他職業に比べて安いので、ウラヌスメイスは露店に並んでたら買おうと思ってます。ま、装備出来るのは遠い先…でもありませんヨ、奥さん。


なんてったって白フンに属性石付けましたからね。白馬やソーラをしばき放題です。早々に白馬をしばいてみました。アベマリア1回の間で倒せます。あまり劇的な変化は無いような…。


そしてソーラ。相変わらず不細工です。前装備の聖者のクラブではアベマリア4、5回やったのが、何と2回+αで倒せます。これは正直びっくり。


クリティカルヒットの数字が4桁になりましたし。もう、何かゴミですね、驚きました。ただ、カボチャがないので被駄目が300前後あります。鳥卵が2次成長するまではインキュ・サキュでも狩って我慢しようと思います。


しばらく聖者のクラブを使ってたせいか、白フンは少し重たい感じがして違和感があります。

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-25 15:53 | Seal日記
おもいで -10-
a0018278_1544.gif確か35歳になってもニクシと戯れてた僕を誘ってくれた剣士さんがいてました。その彼がこう言いました。

「クレメンツ行こうか」

ん?クレメンツ?まぁ、どこでもええわ、と思って行った先は巨大生物の胃の中のようでした。敵は多いし、強いし、遠距離攻撃してくるし、暗いし、狭いし、寒いし、毒に掛かるし、臭いし、ケンサイスカルうるさいし。剣士さんはザクザク倒すのはええけど回復やブレスやプロテクトが大変です。


剣士さんは確か40歳位でして2人でレベル上げをしよう、と誘われました。ここに入ると5分でレベルが上がるらしいで、と言ってたのは今でも覚えてます。


音楽が格好良くて今は好きやねんけど、その当時は大嫌いでした。何しろ敵が激しく、支援が最高潮に忙しかったです。2回位剣士さん、死なせてしまいました。未だに当時のクレメンツ支援以上の忙しさは経験してません。天使狩りの方がまだ楽です…。


僧侶に向いてないかも、と真剣に悩んだ時期でもありました。それも入って直ぐのところで狩ってたにもかかわらず、自分は死ぬわ、剣士さん殺してしまうわ、でシャレになってません。


でも、この時組んでいた剣士さんは未だにバトルハンマーを装備しているボクに猫の杖や金フン+5を譲ってくれたり、凄く沢山のフォローをしてくれました。大分後で分かったんですが、この剣士さんの1stキャラは僧侶でした。どうりで僧侶の事について詳しいはずです。


さて、ザクザク進むのはええねんけど、ボクのハーブでは長時間篭るのは無理でしたし、忙しくて会話も出来ひんかったし、今思い出せば超スパルタ教育やったように思います。


剣士さんが食事でしばらく席を外している間入り口で試しに叩いたりしてましたら先輩僧侶さんが話しかけてくれました。


僕 :「今日35歳で初めて来ました。今38歳です」
先輩:「え?それは大変ですね。私でも45歳から入ってきたのに」


という会話をしたのを今でも覚えてます。かなり無茶したようで色々作戦を練ってから中に入りました。今となっては懐かしい話ですが、これ以降しばらくの間、友達から「クレメンツに行こう」って言われる度に手に汗握ってました


でも、この経験が後に色々役立ってます。僧侶は、こういう忙しい目に2,3回あった方が良いのかもしれません、と勝手に思ってます。

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-25 15:05 | おもいで
■2004年 6月23日
a0018278_11444.gifボクのレベル上げをするべく、クレメンツへ山籠もりを始めました。昨日71歳になったばかりなので今日中に72歳になるには無理ですが。


もちろん、鳥卵を育てながらついでに骨、青い炎、アビスの手紙狙いで、運が良ければブラックオーブ、という腹黒い目的もあったり。


80%位まで上がったらカバンの中のオリハルコンが200個になったので町に戻りました。この日は水晶2個、ルビー2個でした。そういえば露店でルビーの値段が高くなってますが、何が起きたんでしょうね。


そして魔法士君が66歳間近なので同じく骨、青い炎を溜めながら誕生日が来るのを待ちました。溜まったら依頼所で一気に消化してお金持ち&名声アップも狙いです。


しかし、依頼所だけで「徳望高い」まで上げるのはしんどいです。お金が溜まるので嬉しいですけど。


果たして「徳望高い」になるのと70歳になるのとどっちが早いでしょうか。徳望高いになったら一気にメインクエを進めて、ボクの名声を抜くのが目標とか。


弟の癖に生意気です


ちなみに、芸人君と騎士君も依頼所のみで名声上げをしてます。兄とは不便な生き物です。


ついに魔法士君、66歳になりました。全身マナシリーズになって、当初の目標やった「タルる~と」完成。普段着は結晶や杖を持たない、マナシリーズ着用で決まりです。


66歳と言えば、結晶+6が装備出来るほか、魔法士君が使ってるクールガイのスティック+6も装備可能。早速精錬の神・芸人君に+3→+6へ精錬してもらう事にしました。


今回は銀行のルビー在庫処分の目的もあるので、ご主人様「失敗してもええで」と太っ腹。


ボクは一発で成功させて浮いた分を露店で売った方が良いのでは、と思いましたが、ご主人様は「やかまちい」と言って聞いてくれません。聖水が買えなくて困ってるのに、相変わらずご主人様はボクにだけ冷たいです


結晶   :+3→+6
      消費ルビー数:3個
   
スティック:+3→+6
      消費ルビー数:7個
      
結果
  28勝6敗→34勝10敗

  
実は失敗4回は全部クールガイのスティック+3→+4の時のものです。芸人君は「ほんまに+4に出来るんか?」と焦ったようです。実際には出来たんですが、物凄いパワーアップした所を見ると何かあったのかもしれません


試しに世界の果てのアレフを攻撃。おお、2発ですよ、2発。って事はハイニクシも?おぉ、2発ですよ、2発。これで月のかけらとヒトデを集めるのが大分楽になりました。


サクサク狩ってると友達の騎士さんとばったり出会いまして、色々な話をしながらまったり狩りをした後に寝たようです。

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-25 11:45 | Seal日記
■2004年 6月22日
a0018278_13821.gif今日はまず少しの間ボクがヘルカスの森でインキュバスやらサキュバスをしばきながら鳥の卵を成長させてました。鳥の卵は何に育てようか考え中です。


カボチャを外している分ダメージがでかいですが、プロテクト+セキュアコンボで凌げるので夢袋200個目指して頑張りました。


思えばインキュバスやサキュバスなんて時間が掛かるだけやったのが、ダハラ+6のおかげでアベマリア3回以内で倒せます。ピヨグロの時は1匹しばいてる間にプロテクトやブレスが切れて非効率やったけど、もう安心して狩りが出来ます。


と、ギルメンから遊びましょう、と連絡が来たので一緒にクレメンツに行ってアイズなど狩ってました。ええ、カボチャランプ狙いです。まぁ、結局出なかったんですが。


ついでなのでカボチャランプ狙いで72歳になるまでアイズをしばき倒そうと思います。夢袋は白フン持って取りに行こうと予定変更。カボチャランプとドライバーをゲットして友達の鍛治士さんにプレゼントしようと思います。


その後魔法士さんも交えてケンサイやらアビスなどしばいてましたが、一旦町に戻ってアイテムの山分け会議をしました。山分け会議って結構楽しいですよね。


その後ギルメンたちは閉ざされた廃坑へ行ったのでボクは一人寂しく冒険団チャットで会話しながらアビス部屋で青い炎を収集してると71歳になりました。


いよいよ白フンまであと1歩です。最近はご主人様が割りと早く寝るので明日中とはいかないでしょうが、週末には白フン片手にソーラをしばいてる事でしょう。何てたってイエローアイアン付けましたからね


今から楽しみで仕方ありません。

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-06-24 13:09 | Seal日記