以前の記事
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
more...
フォロー中のブログ
SealOnline冒険...
Tales@
Ruination
しるおん雑記+-。
華ちゃんのシール日記
汁+釣 がんばれ るび~
すっしーのただいま修行中
汁粉おんらいんのサボリ日記
のんびり剣士の放浪記。
みけちゃんのまっぽー生活
リンク集-part2-
たまのたまらんです。
組合日報
僧侶ってなんだ?
Heavens Sky
ぷ~の行く道

since2004-07-07
人気blogランキング

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
■2004年 8月18日
a0018278_19401759.gif今日は久し振りに死にました。死にまくりました。死にまくりましたが、皆でワイワイ楽しかった、そんな素敵な桃源郷、地下墓地のお話です。


地下墓地の場合、死んだところで経験値を直ぐにリカバー出来るのが素敵です。もっとも、アイテムは大して高額やないし、装備品のドロップ率も決して高くないから黒字狩りになるかどうかは別やけど。


そして、職業によってそれなりの楽しみがあると思います。ボクの場合は支援をフルに出来るという楽しみです。


普通は地下3階に行くだけでそんなに死ぬもんやありまへん。ただし、今日のようにワープゾーンに敵がかたまってると、あっという間に全滅です。


ただ単にかたまってるだけやったら、別に全滅はしません。全滅の原因は「攻撃が当たらない」この1言に尽きるかと。


通常、無敵モードを発動してれば、前衛舞台が敵を倒していってくれるので問題ないのですが攻撃が当たらないと敵は生きたまま。しかも戦闘が長引いてる間に集まってきます


ブレスを掛けたいのは山々やねんけど、そんな事するとあっという間にHPが削られて死亡、となりかねません。


魔法士さんなどは意外と攻撃が当たったりするねんけど剣士君はとことん当たりません。当たらない上にダメージを喰らいますからストレスが溜まりまくりでしょう。


PTメンバーは魔法士2名、剣士1名、僧侶2名でした。落ち着くところまで行けば、全く問題のないPTやけど、囲まれると弱いPTでもあります。


今日は敵の配置が悪くて、死亡者続出。死者をそのままほったらかしにして、取りあえず生存者だけ安全な地下2階まで案内しました。


そしてレクシオンをしようと戻ってボクが死亡。何て言うか、落ち着いた場所で神秘的に厳かに行われる復活の儀式とは打って変わって、敵に追いかけながらすれ違い様にやっつけ儀式を行おうとするボクって一体。


取りあえず魔法士さん2人は地下2階で留守番、ボクと僧侶さん、剣士君で再び潜り込むも死亡。そしてレクシオンしようとしてボクも死亡。


こんな事を繰り返してる内にどんどん敵の配置がおかしくなってきてしまったので剣士さんが奥まで敵を引っ張っていってくれました。その間に僧侶さんをレクシオン。僧侶さんを地下2階まで連れて行ってる間に、剣士君が力尽きて死亡。


剣士君をレクシオンしようと戻ったボクが死亡。


剣士君と2人でようやく地下2階まで戻ってきて戦闘開始、メンバーには随分待たせてしまいました。


その後の狩りは順調で、ワイワイ楽しく狩りをしました。


今回のようなケースで僧侶はどこまで何が出来るか、結構考えさせられました。そして、気づいたこと、僧侶帽子を+9にする前にやっぱり自分が生き延びてる必要があるな、と。


僧侶さえ生きていれば、何とかなる、そう思ってしまいました。苦行の服(胴)が着れなくなって精錬恐怖症になってますが、ギルメンにスペックを確認してきちんと、計画的に精錬しようと心に誓った日でした。

(c) 2003 GRIGON Entertainment. Co.,Ltd.
(c) 2003 GBM Co.,Ltd,
[PR]
by eplat | 2004-08-20 19:38 | Seal日記
<< ■2004年 8月19日 ■2004年 8月17日 >>